tab 01tab 02tab 03tab 04

p1

水で膨らみ、99%が空気でできた断熱材「アクアフォーム」で屋根・壁の建物全体をまるごと断熱。 夏、暑さを感じやすい屋根裏もアルミを使った通気スペーサーで屋根を遮熱しているため夏の暑さも防げます。 さらに、壁面は断熱材の上面にアルミ蒸着を施した透湿・防水・遮熱シートを施し、太陽光の赤外線を約75%反射して建物自体への熱の侵入を大幅にカット。 「Wバリア工法」は、泡とアルミのダブル効果で住む人みんなをやさしく包み込みます。

p2

p3

「アクアフォーム」は住宅の屋根から家全体を丸ごと覆い、現場で発泡させて吹き付ける断熱材です。また、自己接着力によって躯体との間に隙間ができにくく、長期間にわたって優れた気密性・断熱性を発揮します。そのため、省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に必要な光熱費を大幅に削減します。

p4

p5

 

p6

屋根は建物の比率からすると面積も広く、太陽からの陽射しを直接受ける場所です。屋根から直接侵入してくる太陽の熱を反射することは快適な室内環境を考える上での大きなポイントとなります。蒸着されたアルミにより赤外線を反射し放射能〈幅射熱〉を抑えます。

p7

 

p9

p8

 

p10

アルミと樹脂の複合構造を採用した断熱樹脂サッシ。高い断熱クオリティを持ちハイレベルの断熱性能を実現。次世代省エネルギー基準に適合しています。Low-Eペアガラスは高遮熱・高断熱を実現。赤外線・紫外線を大幅にカットします。

p11

p12

p13

室内の温かい空気が冷たい窓表面に触れることで、空気中の水蒸気が窓表面に水滴として生じるのが結露です。不快なだけでなく、住まいの寿命を縮めてしまう原因にもなります。断熱樹脂サッシとLow-Eペアガラスの組み合わせは室内温度と窓面との温度差を少なく、結露を抑えることができるので、カビ・ダニ等の繁殖も抑え、健康的な暮らしを守ります。

 

p14

快適な暮らしを足元から支えます。65mmの断熱材の上に5.5mmの合板を施行。さらに気密シートでしっかりと気密し、38mmの「うづくりの床」が快適な暮らしを足元から支えます。

p15

 

jitsurei